補足情報

特定名称について

■特定名称一覧

日本酒ラベルの『吟醸酒』『純米酒』『本醸造酒』等の表示については、使用する原料や精米歩合の違い、香味等の要件で分類されています。
(国税庁告示『清酒の製法品質表示基準』に基づく)

特定名称 原料 精米歩合 香味等の要件
純米大吟醸 米、米こうじ 50%以下 吟醸造り、固有の香味、
色沢が特に良好
大吟醸 米、米こうじ
醸造アルコール
純米吟醸 米、米こうじ 60%以下 吟醸造り、固有の香味、
色沢が良好
吟醸 米、米こうじ
醸造アルコール
特別純米 米、米こうじ 60%以下
又は特別な製造方法等
香味、色沢が特に良好
純米 米、米こうじ 香味、色沢が良好
特別本醸造 米、米こうじ
醸造アルコール
60%以下
又は特別な製造方法等
香味、色沢が特に良好
本醸造 米、米こうじ
醸造アルコール
70%以下 香味、色沢が良好
※特定名称の表記がない日本酒は、一般的に『普通酒』に分類されます


■『吟醸造り』とは、吟味して醸造することをいい、高度に精米した白米を低温でゆっくり発酵させ、酒粕の割合を高くして、特有な芳香(吟香)を有するように醸造する方法です。

■『精米歩合』とは、白米のその玄米に対する重量の割合をいいます。精米歩合60%というときには、玄米の表層部を40%削り取ることをいいます。米の表層部には、【たんぱく質】や【ビタミン】など日本酒の製造に必要な成分が多く含まれていますが、多過ぎると香りや味が悪くなる要因となります。精米をすることでこれらの成分が少なくなり、雑味のないスッキリとした味わいに仕上がります。
精米歩合
【参考元】
●平成29年版 図解酒税 富川泰敬 著 一般財団法人 大蔵財務協会
●国税庁ホームページ 「清酒の製法品質表示基準」の概要
https://www.nta.go.jp/taxes/sake/hyoji/seishu/gaiyo/02.htm

商品カテゴリー

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

関連サイト

お問い合わせ

ページトップへ